幅広い感染経路を持つウィルスの脅威を知る

ウィルス感染症とは、ウィルスを飲み込んだり、吸い込んだり、その他虫や寄生虫などによって体内に取り込まれたり、性的接触や粘膜を通じて感染する病気のことを言います。

ウィルス感染症の数は数えきれないほどあり、代表的なものでインフルエンザなどが挙げられます。

こうしたウィルス感染症は、誰にでも感染する恐れがあり、流行するとその症状は、全国的に広まったり、世界的に広まったりします。

良く身近な部位でウィルス感染症になりやすいのは、外気に触れる粘膜、例えば鼻やのど、上気道などがすぐに浮かびます。

こうした外気に触れる部分、粘膜は、常にウィルスや細菌にさらされているのと同じ状態となるため、日頃からのうがい手洗い、こまめな掃除などが、予防策としては大切な行動となってきます。

ウィルスには空気感染するもの、体液などによって感染するもの、害虫や寄生虫などによって感染するものがあります。

それぞれに症状はさまざまなものがあり、大抵の場合は、発熱や発疹、嘔吐などの症状が現れる事があります。

時には出血を伴い、感染者のほとんどが死亡する可能性のある恐ろしいウィルスも存在することがわかっており、その対策は現在もまだはっきりとした対処法がないこともあるそうです。

ウィルス感染症には潜伏期間があり、感染したからと言ってすぐに症状が出ないこともあります。

そのため、知らないうちに感染拡大していることもあり、日頃の免疫力強化などが重要となると思います。

ウィルス感染症の診断方法としては、症状や血液検査、培養、感染組織の検査などが行われるそうです。

それによって、どんなウィルスに感染しているのかがわかり、正しい対処法、治療法が処方されることになります。

インフルエンザなどに代表されるように、ウィルス感染症は抗ウィルス薬や予防接種などの使用で、ウィルス感染症に対する免疫反応を強化する事が出来ます。

まだまだ抗ウィルス薬が開発途中のウィルスも多数あるものの、その研究は日々行われているそうです。

ウィルスの最大の特徴として、細菌よりもはるかに小さく、生きた細胞に侵入しないと増殖ができないというものがあります。

そのため、動物の死骸などからウィルスが爆発的に広まったりする事は稀で、生きている動物や人間の間で感染することが分かっています。

人から人に感染するもの、動物から人へ感染するものなど、さまざまな種類があり、ウィルス感染症は幅広い症例があると言って良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加